◇更新日:2019/05/09
■ 令和元年度 最新情報
■ 登録番号順・一覧
1802006A3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム1802005AKDパネル
1802002AマザーズロックIII型(環境型ブロック)1802001Aバスク工法wide
1802004Aラインマーカーシステム1802003A連続箱型鋼製枠「マックスウォール」
■ 基準適合情報・申請情報
ヒロセ補強土株式会社九州沖縄営業部KDパネル
〒812-0023福岡県福岡市博多区奈良屋町2番1号テールアルメ点検用パネル
092-283-7325092-283-8811H31.3.5申請情報1802005A 【PDF】
http://www.hirose-net.com/工法共通工擁壁工
【概要】
従来のテールアルメ壁面パネル材は、補強材の点検が必要な場合、コンクリートコアカッター等を用いて壁面パネル材に開口部を設け、補強材を露出させ腐食状態の確認及び引抜試験を実施しており、点検後は壁面パネル材の修復に時間を要していた。
本製品は,予め壁面パネル材に開口部を設け又、腐食及び引抜試験用の補強材を設置しているため、容易に補強材の点検が可能となる製品である。
【従来技術と比べ優れた点】
従来は、永久構造物であるテールアルメ工法の点検用パネルは存在しなく、確認試験が必要な際は、コンクリートカッターを用いてコンクリートスキンにコア抜きを行い、構造部材となる補強材を引張る試験を行っていた。
但し今日では「構造物点検要領」での記載や社会ニーズにより、新たに開発されたKDパネルは、開口・引抜き試験・修復全てが容易に行える。
東栄商興株式会社マザーズロックIII型(環境型ブロック)
〒819-0367福岡市西区西都1-3-13-201滑動抵抗力に優れた環境保全型空積式大型護岸ブロック
092-805-1301092-805-1302H31.3.5申請情報1802002A 【PDF】
https://www.mothers-rock.gr.jp/工法河川海岸多自然型護岸工
【概要】
マザーズロックIII型(環境型ブロック)は、河川の生き物に棲み処を提供するとともに、抵抗板と胴込め栗石のかみ合わせ構造によってブロックの滑動抵抗性に優れた空積式大型ブロック積擁壁である。
【従来技術と比べ優れた点】
本製品は、ブロックに隙間を設け、河川の生き物に棲み処を提供できる環境保全型ブロックである。
また、施工においては、大型ブロックであるため施工が早い。
株式会社FURUNOバスク工法wide
〒806-0048福岡県北九州市八幡西区樋口町3-9ポリマーセメントモルタルによる既設モルタル面の補修・保護工法
093-632-8860093-632-8861H31.3.5申請情報1802001A 【PDF】
http://bask-jimukyoku.com工法共通工法面工
【概要】
バスク(ポリマーセメントモルタル)を用いて、既設モルタル面等の老朽化、劣化に対し、全面を被覆し、長寿命化を図る工法である。
既設モルタル面の剥ぎ取りを行わないため、工期短縮や、産業廃棄物の発生を抑制できる。
【従来技術と比べ優れた点】
既設モルタル面を撤去することなく、小型専用機械での一連の施工により、薄層で広範囲な施工が可能であり、作業性、安全性及び経済性の向上が期待できる。
株式会社八洲セメント工業所ラインマーカーシステム
830-0064久留米市荒木町藤田1354番地連係サインマーカー
0942-27-15810942-27-1582H31.3.5申請情報1802004A 【PDF】
製品付属施設道路付属物工
【概要】
従来の自発光式誘導鋲には、発光時に連係・連動機能がなかったが、赤外線通信及び無線受信機能を製品単体に持たせることで、連続設置した自発光式誘導鋲を用途に合わせて順次・交互・同時と発光パターンを選択出来るようにした。
【従来技術と比べ優れた点】
従来の自発光式誘導鋲には、発光時に連係・連動機能がなかったが、赤外線通信及び無線受信機能を製品単体に持たせることで、連続設置した自発光式誘導鋲を用途に合わせて順次、交互、同時と発光パターンを選択出来るようにした。
太陽工業株式会社九州支店連続箱型鋼製枠「マックスウォール」
〒812-0013福岡市博多区博多駅東2-15-19KS・T駅東ビル5F大型土のうの性能に一体性を付加し改良した連続箱型鋼製枠
06-6306-309606-6306-3167H31.3.5申請情報1802003A 【PDF】
https://www.taiyokogyo.co.jp/製品仮設工
【概要】
本技術は、亜鉛メッキ鉄線を溶接したメッシュパネルをコイル連結したカゴ(鋼製枠内側に不織布取付)を複数接続した構造で、現地発生土や栗石等を充填することで、連続した土堤を簡単・迅速に構築でき、土留め、堤防嵩上げ工、仮締切工等に使用されている。
【従来技術と比べ優れた点】
本製品は、耐候性土のうに比べ、連続した土堤を簡単・迅速に設置でき、耐久性が高い製品である。
株式会社トプコンソキアポジショニングジャパン福岡営業所3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム
〒812-0042福岡県福岡市博多区豊1-10-50
03-3558-251703-3558-2654H31.3.5申請情報1802006A 【PDF】
http://www.topcon.co.jp/その他調査試験測量
【概要】
3次元データの解析、活用技術を用いて各計測装置と連動し現場の効率化を図るシステムである。
起工測量から施工、出来形管理まで、i-Constructionにおける全プロセスの作業効率向上を実現する技術である。
【従来技術と比べ優れた点】
3次元データの活用により、計測時間短縮による省人化、省力化及び経済性の向上が図れる。